プロが教える初心者でも楽々なベランダ菜園のやり方 :: 常識を覆す袋栽培

今テレビでベランダ菜園が話題ですね!これから始める初心者でも簡単に、無農薬でおいしい野菜を次々と育てるやり方を解説しています。講師はテレビでも話題のあの人です。たった3分でできるとっておきのコツとは!?

常識を覆す袋栽培

なぜ多くの人が、家庭菜園に挫折してしまうのか?

最近ではマンションのベランダでもプランター菜園を楽しんでいる人もいますが、やはり従来の家庭菜園方法では限界があるのです。

私が30年に渡る研究の末にたどり着いた栽培方法は、今までの常識をくつがえす方法です。

それはかつて巨匠ピカソがたどり着いた、シンプルでいて斬新な絵画のように、余計なものをすべて排除した手法なのです。

たとえば、こんな感じです。

  • 準備はたった3分、今日からすぐに野菜作りが始められる
  • 日当たりの良い広い庭不要
  • ノート1冊のスペースで、どんな場所でもできる
  • プランター不要
  • 面倒な土作り不要
  • だれでも簡単、幼稚園児でも育てられる
  • 水やりが少ないので、旅行もOK
  • 雑草が生えにくい
  • 害虫も付きにくい
  • もちろん無農薬でおいしい
  • 一年中色々な野菜が収穫できる
  • 一度植えれば、ほとんどほったらかしのラクラク作業

これらすべてを可能にした、画期的な家庭菜園方法なのです。

▼それがこちらです。


どうでしょうか?

『ナニこれ!?』
『こんなやり方あり?』

もしかしてビックリされたのではないでしょうか?

でもそれと同時に、

「この方法なら、私にもできそう!」

そう直感されたのではないでしょうか。

私はこの栽培方法を「袋栽培(ふくろさいばい)」と名づけました。

※「袋栽培」は平成18年12月18日に特許出願しています。

そのやり方はいたってシンプルです。市販の土の袋に直接タネをまくのです。

ですから、土が置けるスペースさえあればどこでも家庭菜園が始められ、プランターすら使わなくても、野菜が作れるのです。

野菜作りのプロ、人見浩が教えるベランダ菜園のやり方の詳細はコチラ

メインメニュー

関連用語

野菜の分類

当サイトについて

リンク集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります