プロが教える初心者でも楽々なベランダ菜園のやり方 :: 関連用語(ポタジェ)

今テレビでベランダ菜園が話題ですね!これから始める初心者でも簡単に、無農薬でおいしい野菜を次々と育てるやり方を解説しています。講師はテレビでも話題のあの人です。たった3分でできるとっておきのコツとは!?

関連用語(ポタジェ)

フリー百科事典ウィキペディア『家庭菜園』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/家庭菜園

ポタジェ(potager)またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)とは、家庭菜園を意味するフランス語であり、果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞の両目的を兼ね備えた庭である。

ヨーロッパにおけるポタジェの歴史は古く、現在ではフランス、イギリスを中心に広く世界中でさまざまに形を変えたポタジェが見られる。収穫重視で旧来型の畝を作り同じ品種を一列に植えつけるタイプの素朴なイメージのイギリスのキッチンガーデンに対して、より装飾的で鑑賞性の高いのがポタジュの特徴である。そのため、菜園とはいいながら、配色に留意したり、草丈で高低をつけ立体感を演出したり、あるいはベンチやガーデンチェアを置いたり、ラティスフェンスや敷石で装飾するなど各種工夫が見られる。最近では食物の安全性の問題の高まりとともに有機栽培、無農薬栽培が注目を浴び、ガーデニングに取り入れるガーデナーが日本でも増えつつある。

中世のフランスの修道院では自給自足の生活を送っていたが、そこで食用になる植物を栽培したのが始まりといわれる。「ポタジェ」の語源は「ポタージュ」(potage、「スープ」)であり、ポタジェでスープを作るための野菜を栽培したことに由来する。その後、世界中から多くの果実や野菜がヨーロッパに持ち込まれるとともに、実用だけでなく見た目の美しさが重視されるようになり、荘園や城主の庭などに現在のポタジェの原型とも言えるスタイルが散見されるようになり、現在に至っている。

プロが教える初心者でも楽々なベランダ菜園のやり方はコチラ

メインメニュー

関連用語

野菜の分類

当サイトについて

リンク集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ココをクリックするとページの先頭へ戻ります